2011年10月8日土曜日

Redundancy(労働者解雇)

どうもまさです!
みなさんお元気?
オークランドは、珍しくカリフォルニア日和が2、3日続いています。
みなさんは、どんな日々を送られていますか?

いやーー今回は「ニュージーランドでの生活」始まっていらい初めての、暗い話題です。
書きたくはないんですが、コレが現実なんで、書いちゃいます。

えー、昨日ですね、また会議がありまして...
その話題が、タイトルでもあるように、Redundancy(労働者解雇)です。
微妙に首ではないんです、あなたのポジションがなくなりますよ!!
という形式?

しかもこの会社、今年で二回目!
会社自体はすごくでかいんです、しかし営業がまったく力がなし、他の会社より断然コストが高いそうです。

そんでいつも影響を受けるのは、僕たち労働者?マネージャー(管理者)は?

そんでブランチマネージャーが、クライストチャーチがどうのとか、新しいプロジェクトはデザイン段階だとか、世界的に不景気だとか、ワールドカップとか、いいわけいいわけ!!!

みんなが言っていました、マネージャー自体を首にして新しくしたほうがええんじゃない?
だってこの人達、また失敗を繰り返すから?

しかも、マネージャー一人当たりの給料は、労働者4人の給料にそうとうするんじゃないの?

この一ヶ月間で、自分が所属したい部に、提案して後は、アミダクジとかで、生き残りを決めるんじゃないですかね?
ながーい一ヶ月になりそうです。僕は、昔のマネージャーの仕事がいま忙しいんで、会社に行っても、仕事がありますが、半分以上の労働者が、ゾンビ状態で会社をうろうろしています。
だからこっそり段取りして、現場に向かう状態です。

まー、前回の氷河期時代を、乗り越えたんで今回も乗り越えられるようにいのるべきです。
いまは、(人事を尽くし、天命を待つ)しかないっす。



うちの弟がいっていました。人は、目の前の仕事を一生懸命やると、仕事のほうが人を選ぶと。

いまは、乗り越えるしかないっすねー。

まー良い話題といえば、昨日健康診断がありまして、気にしていた、コレステロール値と血糖値が正常だったんで、よかったす。
なにごとも、健康が主体なんでこの状態を維持していきたいです。

鈍刀を磨く

鈍刀をいくら磨いても無駄なことだというが

何もそんな言葉に耳を貸す必要はない

せっせと磨くのだ

刀は光らないかも知れないが磨く本人がが変ってくる

つまり刀がすまぬすまぬといいながら

磨く本人を光るものにしてくれるのだ

それが甚深微妙の世界だ

だからせっせと磨くのだ

0 件のコメント: