2011年9月17日土曜日

まさとスポーツ

どーーもまさです。
みなさん!お元気ですか?
まさは、元気です。

ブログに入る前に、うれしいお知らせがあります。
僕の日本の大親友である前田くん。前田家に新たな生命が芽生えたそうです!!
この場を借りて、前田家のみなさん!!おめでとうございます!!
日本に帰ったときは、またぱーーーっと焼肉しましょう!
前田ベイビーによろしくお伝えください。
前ちゃん!働け!働き蜂!家族のためにな!



さてさて

最近のお仕事事情は、なんと今の会社に入ったときの同じ仕事、高速道路に信号機取り付けプロジェクトTDM(Transportation Demand Management)に参加することになりました。

交通需要マネジメント(こうつうじゅようマネジメント)は、自動車利用者の行動を変えることにより、道路渋滞をはじめとする交通問題を解決する手法。TDM(Transportation Demand Management)と略称。


で!うちの会社が元請で3年前のプロジェクトのAチームメンバー復活になりました。

当時は、チームが3つに別れ総勢30人くらいのプルジェクトでしたが、ほとんどがやめたり、消えていきました。
そんでうちのリーダーと僕だけの、二人だけ。
6週間の工期を4週間で終わる目的で、限られた予算ののなか今週からスタートしました。

まーどうなることやら?
がんばりまーーーーす。

さて、まさとスポーツ?

何でかと言うと、昨夜行われた、日本対NZ見ました?
ぼくは、ラグビーは全然興味がないんですが、昨日の試合はかなりわくわくしました。
もしかして?日本、勝てるんじゃないの?ッて感じですが、神風も風も吹かないまま大打撃でしたね。
でも、よーがんばったよ!あんな、丸でもないボールをコントロールするのは大変です!

僕はラグビーはできませんし、しようとも思いませんが、野球はできますよ。
ていゆか、させられてました。

かれこれ小学生時代に戻ること、小学三年生!!
ぼくは、基本的に長男でほしいものは、何でもおじいちゃんに買ってもらえ、食べたいモンは食べてって感じの、生意気な肥満児小学生だったに違いありません。

うちの母ちゃんがコレではいかん!と、スポーツ少年団にぶち込まれました。
肥満児の僕にはそりゃーモー過酷な時代でした。
いまの時代には、適応されないルール無用のスパルタでした。
練習は週に3日で、金曜は学校が終わってから、土曜は昼からみっちり夜まで、日曜は朝8時から昼まで、試合は日曜の朝から夜まで、しかしかなり強いチームだったんで、勝ち残れば決勝で遅くまで帰れません...

たまにAぐんとBぐんが決勝戦ってこともありましたね。

負けたらなんとスパイクのまま正座!!!で説教!!
すごいっしょ?
うちの母ちゃんいわく、練習に行く前、毎日「おかあさん、ぼく今日は、監督にやめるって言う」
と、いっていたそうです。
結局、卒業までつづけました。

しかし、良い面もありましたよ。
チームは、30人いたんで友達には、苦労しませんでした。
あと、肥満も解消!
根性も少しは着いたんじゃないかと?僕はBぐんでしたがBぐんはそれなりに楽しかったです。
プレッシャーがないでしょ?

おじいちゃんがいつもいっていました、「まーくん、今は苦労して大変じゃけど、いつかあのときのスポ少時代を思い出せば、こんな苦労は、苦労じゃないと思う日が来る」と。

おじいちゃん!おれがんばる!!

あーーー!当時は練習の時は、水分は一切補給しては、だめだったんです。
考えられないでしょ?よくみんな脱水症状にならなかったですよ?

でも、ノックの練習の時に、コーチがたまに力が入りすぎて、ボールを学校の裏庭まで飛ばすときがあるんです、そん時みんながわれこそわとボールを取りに行くんです。
なぜだかわかりますか?

裏庭に、水道があるんでそこでよくみんなで水を飲んだモンです。

コーチは小西コーチという厳しい人ですが、本当は野球と子供が大好きなおじいちゃん的な人でした。
小西コーチが、わざと裏庭にボールを飛ばしていたんじゃないかと思います。

継続は力なりですよ!!みなさーーーん!

意味不明?

1 件のコメント:

bochan さんのコメント...

いやいや、昔はクラブ中に水飲んだらあかんとかって、おとろし話やわ~でもそうやった。そうやった。スパルタ、しごき、根性・・ めちゃくちゃやったね。

裏庭までボールを飛ばして、それを取りに行ってたのは泣けてくるわ。暑い中、ボールをみんなが取りに行ってる姿が目に浮かびます。

でも今となってはいい思い出やね。何でも一所懸命やり尽くすというは美しいね。
しかも学生のころは(私は高校時代野球部のマネージャーやってました)利益を顧みずにひたすら、ひたむきになって、一つのボール取る為に何百ものノックを受けて、1本のヒットを打つために毎日練習して、ああ、若いって素晴らしい!
やっぱりスポーツはやってていい事たくさんあると思います。
青春や~!!