2010年12月11日土曜日

愛車とW.O.F

どーもみなさんお元気ですか?
オークランドは毎日晴天が続き、松崎シゲル氏なみに日焼けしている、まさです。



筋肉痛ですが、元気です。
いやー年末はいつも、忙しいです。なんせロングホリデー前なんで、普通の工事中にも、
違う仕事がバンバン入り、もうメチャクチャです!
昨日もボスから、仕事中に電話が入り、ZONE4にいって舗装を切ってくれ!
多分15分くらいの仕事だから!いってみたら1時間くらいかかりました!
筋肉痛です!


イメージ画像です!!


いやー2週間くらい前に、うちの日本に住んでいる姪っ子に怒られちまいました!
なぜなら、いつも土曜日にブログの更新をするんですが、先週と先々週はW.O.F(車検)で忙しかったんです。
なんせ平日は働いてるんで、土曜しかもっていけないんです!
僕の愛車は91年式のホンダシビックです。
NZ来た当時は、91年式のスバルレガシーに乗ってました。
日本人には考えられないでしょうが、こっちは90年式、走行距離10万キロ超えた車なんて、ざらに走ってます。
レガシーは良い車なんですが、僕が乗っていた、91年式なんて、1リッターあたり5キロて感じで…。
こりゃー燃費悪すぎ!
それで本田技研工業さんのシビック!

あっこれじゃない!

91年式です!

本田シティーターボじゃないですよ!



こっちの車検は、毎回六ヶ月ごとに車検場に自分でもって行いくんです。NZの車検ってけっこういい加減で、最低限のことしかチェックしないのは良いんですが、前の例で一つあげると、A検査官が運転席がぐらぐらしているので、直しなさい!って言われました。そして他の箇所はクリアーしました。
1週間だったか?修理期間がもらえるんです。でも修理工場に持っていくと、もちろんボッタクリにあうんで、自分で道具を買い、直すようにしました。しかしネジとかで、ははずれるような物ではなく、はめ込み式で、運転席自体をかえないと、なおらないことがわかりました。

えい!自分の運を試すべく、運転席のぐらつき箇所にパッキンをかまし、いざ出陣!
今回はA検査官ではなく、B検査官!

ラッキー!?

B検査官…『運転席がぐらぐらする?』
そしてB検査官が、運転席を前後にスライド、左右にゆさぶり!



『ピンっ!!!!!』



やべー…。パッキンがはずれました.…。

ちくショー!このおっさん揺さぶりすぎやで!
心臓『バクバク』ばれた?



B検査官…    車検合格!おめでとう!さーランチ、ランチ!

そんなのり?まーとりあずよかったです。

でっ今回は、忙しいんで、お友達に日本人経営の修理屋さんを、紹介してもらい、そこにすべて頼むことにしました。許可をもらってないんで、会社名はのせませんがかなりおすすめで、
社長さんと、従業員さんは、かなり熱い人達です!

なにが熱いってここの会社はスバル専門で…そう夢のスバルです。

日本ではよく分かりませんが、NZでスバル車を直すメカニックは、数多くないそうです。


ボクサーです。ボクサーエンジンは、かなり緻密で大抵のメカニックさんたちは、
手に負えず、スバルのディーラーに預けるそうです。
でもここのメカニックさんは、目隠ししても、どこのパーツ、とかわかるそうです!
頼もしいじゃありませんか!これで僕も、安心してスバルを購入できるってもんです!
がんばってスバル貯金です!



牛ケン?
おれ本物牛ケン!


偽牛ケン?
おい!偽牛ケン!
あっ!!??