2011年4月2日土曜日

日々のお仕事3 (別れは出会いの始まり…)



どーもです!みなさん調子は、どうですか?
オークランドは、そろそろ秋の気配がそこまで来ています。
朝夕は肌寒いですが、日中は日差しがまだ強いんで、サンクリームを塗っています。
ですがサンクリームをつける量も、大さじいっぱいから、小さじいっぱいまでへりました。



 まさは、元気です!

タイトルでもだしましたが、今回は、日々のお仕事パート3です。
また仕事?ろくに仕事できないのに、仕事の話題?
いえいえ今回は、二人仕事の戦友(職場の人)が去ったんで、今回は、その話題です。
書かせてくださいよー。

エイドリアンが現場近くのレストランにみんなを招待しました。





この現場に参加させてもらって、もう2年ですが数々の友が去っていきました。
今回はシニアマネージャーのエイドリアン-ヘイメンとジェフ。

エイドリアン-ヘイマン… 彼は、短期契約のマネージャーでした。
でも最初は全然喋ってくれなくて、まー喋る必要もなかったんですが、なんせ、頭が良い人なんで、
必要最低限のことしか伝えないタイプです。
でも、僕は八方美人なんで、そこはうまく乗り切り、最後の日は、まさ!もしリファレンス(履歴書にのせる証明)がいるならメールか電話しなさいと、メルアドと携帯番号をくれました。

ありがとうエイドリアン!新しい会社でもがんばれよー!
左側がエイドリアンです。




ジェフ…彼は、これまた日本語で言う派遣社員なんですが、楽しいおっさんで、前にも紹介した、HIAB(ユニッククレーン)のドライバーです。
年は60才くらいで、BMWとレクサスを愛す陽気なジェントルマンなおっさんです。
ジェフとは、いつも馬鹿ばっかりしていました。いつも前向きで、いやーたのしかったっす。
なんかボケと突っ込み?まー両方ぼけですがね。
特に職場皆が仕事中に疲れて暗いとき、二人で馬鹿言って盛り上げてました。
もっと不陰気が悪くなるんですが。
二人で無理やり冗談とばしていました。



そんなジェフも最終日は、朝から黙っていました。

やっぱりジェフも人間です。

本人も明るくしているつもりですが、少し暗い感じ。

そして、僕も無理やり馬鹿を言いながら、最後の街灯の設置。

しかし、基礎の穴をドリルで掘り進んでいくうちに到達したパパ(硬い粘土層)。
いつも、基礎を掘るのに20分くらいなんですが。一時間くらいかかりました。
仕事終了10分前…いつもなら、明日続きをしよう!となるんですが。
二人とも残業嫌いなんで…。
しかし今回はジェフが最後の日なんで、二人とも時計も見ないで、街灯の設置に、専念しました。

2.4メートル!基礎も一時間かかりましたが、2.4メートル、到達しました!

そして、ジェフとの最後の街灯。 

設置…



現場事務所にトラックを止めて、別れのときです。

トラックドライバーは、だいたい皮手袋をもってるんですが、僕の皮手袋はボロボロでした。

別れ際にジェフが皮手袋と車のクリーナーをくれました。

これは、これからお前のものだ。

僕のかわてがポロボロって知っていたんですね。

とっBMWへ肩を落とし歩いていくジェフ。

ジェフ!いっぱいくかーーーー!俺のおごりだぜ!

そうしよう!

久しぶりに見る笑顔!(感動シーンです)。

帰りに行きつけのパブにいき、ビールを飲み、また二人で馬鹿な話題をかわしました。

かたい握手を交わし、お互い(ありがとう)。



まるで、映画『ブラックレイン』の高倉健とマイケルダグラス!








最後にジェフ…『まさが、まさであることを感謝します』
                          『ありがとう』




いままで、人に言われたことのない言葉でした。








『まさが、まさであることを感謝します』…(泣)
bye bye for now